朝日税理士法人

経理アウトソーシング

いつものクライアントの身近でワンランクうえの税務・会計サービスを提供します。

業務内容

経理書類の作成

  • 日常業務

    伝票起票、伝票入力、その他帳簿、ファイリング

  • 月次業務

    月次決算仕訳の起票および入力、元帳・試算表の出力、支払一覧表の作成、月次諸分析資料の作成

  • 年次業務

    決算仕訳の起票および入力、元帳・試算表の出力、諸勘定明細表の作成、年次諸分析資料の作成、会社法に基づく計算書類の作成

アウトソーシングサービスの特徴

  • 株式上場前の早期から会社業務を安定化させることができます。
  • 会計・各種開示書類の作成をワンストップでご提供します。
  • 公認会計士・税理士の専門家が業務全般を管理することにより、最高品質の業務を行います。
  • 貴社作成の月次予算との比較分析を含めて、各種経営管理資料をタイムリーにご提供します。
  • 株主に対する情報提供を重視して、会社法計算書類等を作成いたします。
  • 将来の上場に向けて、経理の内製化をお手伝いします。
  • 単なる外注・代行ではなく、より強い会社にするための戦略ツールとしてご利用いただけます。
  • 株式上場にあたっては、膨大な資料の作成が求められます。これらをすべて社内で作成するためには、多くの人的コストを割くことになります。
  • 弊社のアウトソーシングサービスは、導入時から株式上場を意識し、上場業務に精通した公認会計士・税理士の専門家がBEST PRACTICEをご提供します。

株式上場における経理アウトソーシング

株式上場にあたっても、経理業務の一部をアウトソーシングすることは問題ありません。ただし、経理業務のうち中枢の部分や判断の介入する部分は貴社内部で実施していただく必要があります。

経理業務をアウトソーシングしている場合の上場審査ポイント

  • 社内に経理業務に関する責任者がいて、
    責任と権限の区別が明確か

  • ディスクロージャー体制に問題はないか

  • 管理会計の機能に問題はないか

  • インサイダー情報の管理は万全か

アウトソーシングサービスのご提供方法

  • 経理業務については、当法人スタッフが貴社に出張して実施します。これは、重要な書類を社外に持ち出すことのリスクと業務の効率性を考慮したものです。

    ※貴社内に若干の作業スペースと当法人スタッフ出張時に使用できるパソコンおよび会計ソフトをご用意ください。

  • ※作業終了後、当法人スタッフより当日の作業内容についてのご説明を行い、処理内容についての貴社のご承認をいただきます。

    日常的に承認をいただきますので、後日大きな修正等が発生することを防げます。