朝日税理士法人

スタッフ紹介

マネージャー木屋

マネジャー 木屋

自分の学んだこと、身につけたことが
お客様へのサービスになる

資格を取ってからの方が大変でした

大学卒業後、経理職を希望して食品メーカーに就職しました。
しかし、当時配属されたのはシステム部だったので社内でのアピールになればと、税理士の資格を取得するための勉強を始めました。2科目合格後、朝日税理士法人に転職し、残り3科目を取得し税理士登録致しました。

よく人から資格取得の大変さについて聞かれますが、実は資格を取ってからのほうが大変だと私は考えています。税制は毎年のように改正され複雑化していく状況で、つねに新しい知識を身につけておくことが求められます。そういう意味では税理士の資格は基礎知識に過ぎず、法律が改正されるたびに情報収集していく必要があるのです。

基礎作りの時期

現在は、法人、個人問わず幅広い顧客層を担当しています。
税務、申告、資産税務、株価評価、組織再編業務・・・今は基礎づくりの時期と考え、さまざまな業務に携わらせていただき、より多くの経験、知識を身につけていきたいと考えています。

いずれは得意分野において第一人者と呼ばれるような仕事をしていきたいと考えているのですが、そのためのチャンスを、これほど多く与えてくれる職場は他にはないのではないでしょうか。

また、マネージャーという立場から、部下の指導もおこなっています。スタッフ、シニアの作成した申告書のチェックや、業務上のフォローなど、最終チェックをおこなうという責任ある立場ですから、緊張感を持ちながら対応しています。

税理士はサービス業です

私は、税理士という仕事はサービス業だと考えています。
自分が学んだこと、身につけたことを活かしたサービスをお客様に提供できるところに、この仕事のやりがいを感じています。
そのためには、お客様がどのような悩みを抱えているのか、なにを望んでいるのかを察知することが大切です。もしかしたらお客様ご自身が気付いていないことでも、これまでの経験の中から汲み取って差し上げることができたら、それはお客様にとって最高のサービスになるのではないでしょうか。
そのためには、なるべくお客様と直接お会いして、コミュニケーションを取るように心掛けています。電話やメールではわからないことが、直接お顔を拝見することでわかることもあるでしょうし、なにより信頼関係に繋がると考えています。