朝日税理士法人

CONVERSATION
代表×社員対談

朝日税理士法人への入社の経緯と入社時の想い。

保阪 ー私は個人の税理士事務所に勤務していて、大手税理士事務所への転職を考えていました。しかし、いくつかの大手事務所は分業化され、特定の業務や業種しか担当できないと聞いていました。幅広い経験を積みたい想いもあり、業務範囲も広い朝日税理士法人に決めました。また、大学院に通っていますので、勤務時間が調整できるのも大きな決め手になりました。

三門 ー新卒入社で現在2年目です。説明会に参加したところ、社員の方に声を掛けて頂いたのが入社のきっけです。チャレンジしたい業務も多く、特に海外業務にも興味がありました。お客様の規模や業務範囲のスケールについて説明頂き、幅広い業務に携われる点に魅力を感じたのが入社の理由です。

ー入社して感じたことはありますか?

保阪ー入社後も大学院にはきちんと通えています。業務量や勤務時間の調整ができるので、非常に助かっています。業務についても、前職では小規模や赤字のクライアントも多かったですが、今は成長企業が多いため、スケールの大きな業務にも携わることができ、意欲を持って仕事ができています。

三門ークライアントも一般企業から上場企業と幅広く、多種多様な経験ができています。最近は組織再編など新しい業務に携わることも多いですが、自分の意思や希望も受けとめて貰えるので、チャレンジしたいことの多くは実現できています。

蜂屋ーグループ展開している会社が多いので、組織再編も日常的になりますね。基本的には本人の希望も聞きながら、「やりたい」という意思や希望があればチャレンジしてもらっています。新しい業務を担当する場合も、仲間のフォローアップや教育体制もあるので、ひとりで不安になることもありません。実際、仲間とサポートし合って業務を進める風土が形成されていると感じています。

会社の雰囲気やコミュニケーションについて

松山ー自分の意思をはっきりと言いやすい雰囲気はあります。私は入社当時から率直に意見を伝えられるタイプなので、みんなももっと「やりたい」と伝えてもいいと感じています。

蜂屋ー確かに意思がはっきりしているタイプと、あまり言わないタイプの社員がいますね。「やりたい」って言うと、「まだ早い」とか言われると思っているのかな?。

保阪ー私は多少自制してしまう性格ですが、意思を受け止めて貰える雰囲気はありますね。率直なタイプも、寡黙なタイプも幅広い仲間がいるので、その違いかもしれません。

蜂屋ー会社としては前向きな意見や意欲に関しては、しっかり受け止めたいと考えています。ソリューションを行うタイプの人材も、早く正確な処理を行う人材も、組織にとってはどちらも大切。個人が持つ前向きなビジョンを、しっかり実現させてあげたいと考えています。

日々の業務内容と、感じること

松山ー私はIPOを事業の軸とするため、プロジェクトを組んで仕事を進めています。会社を巻き込みながら、チームと同じ目標に向かって業務を進める楽しさを感じています。また、楽しいだけでなく、クライアントに満足頂くことが大切。クライアントの成長が我々の目標になることで、双方の会社も発展し、個人としても主体的に仕事できると実感しています。

三門ー入社2年目ですが、社内委員会の一つの業務改善委員会にも関わっており、社内ルールの構築もしています。上司への希望や提案も通りやすいこともあり、若い社員がチャレンジし、実現できることが本当に多いと感じています。

保阪ー私は入社1年目ですが、実は希望の業務は特にありませんでした。現在は、個人事務所では携われなかった大きな規模の仕事や、連結納税も経験できたりと、新たな経験を積むことができています。幅広い働き方が社内にあって、男女問わず産休取得する方もいて、女性としても長く働ける環境だと感じています。

松山ーそうですね、やりたいことが無いといけない訳ではないですからね。経験を積む中で主体的にやりたい仕事との出会いもありますから。社会貢献や会社の発展に繋がる仕事も多いので、必然的に意欲が溢れてくると私は実感しています。

会社としての未来

蜂屋ー「未来を若い人が創造できる会社」を目指していますね。若い方のビジョンを、しっかりと実現できる組織にしたいと私達は考えています。仲間やクライアントを想い、働き方や仕組みはどうしてきたいのか。業務内容も含めて、強制されること無く、主体的に未来を実現できる組織にしたいと思っています。10年後の未来を決めるのは、若い人であってほしいという想いがあってこその組織づくりです。会社としては、チャレンジを重ねながら、意欲を持って未来を創っていけるそんな組織であり続けたいですね。

エントリーはこちら