朝日税理士法人

株価算定

いつものクライアントの身近でワンランクうえの税務・会計サービスを提供します。

株価算定

非上場会社の株式を移転する場合には、税務上の時価である「適正な価額」を算定し、税務上のリスクを考慮する 必要があります。
「適正な価額」から乖離した株価で株式の移動をしてしまうと、思わぬところで課税されてしまうからです。例えば、著しく低い価額で株式を 移動した場合、個人株主に対しては一時所得等として贈与税、所得税、法人株主に対しては、受贈益として法人税等が課されます。

非上場会社の株式を移転するにあたっては課税関係の検討は不可欠

業務内容の特徴

当法人では、税務上生ずると考えられるあらゆる事態を想定し、さまざまな角度からクライアントにとってより良いご提案をしていきます。